不倫

ダメリーマンの不倫体験談 Part1

2017年頃から、ベッキーの「ゲス不倫」をキッカケに、芸能会を筆頭に、
世の中で不倫記事が表立って、ニュースになるようになりました。

ダメリーマンの僕は、逆にこの頃には不倫を卒業し、清く生き始めておりました。

この章では、過去の不倫体験談について、不倫に落ちてしまう理由と苦い経験談を、
書いていきたいと思います。

現在不倫中の方、これから不倫に発展しそうな方、不倫にも縁がない方にも、
読めるような内容になってますので、是非一読して頂けましたら、幸いです。

Part1では、初めての不倫から、その後、不倫にハマってしまった経験を、
書いていきたいと思います。
興味の無い方は、飛ばしてくださいませ( *´艸`)

過去の自己紹介記事にも記載の通り、僕は24歳の時に5つ上の妻に一目惚れして、
結婚をしました。

独身時代は5人程の女性とお付き合いし、浮気をしたことはなく、どちらかというと、
真面目なお付き合いをしてきました。

周囲の友達から、コンパに誘われたらノリで参加してしまうことは多々ありましたが、
男女の関係を持つことは、一切ありませんでした。

そんな僕が、出会った女性の中で一番魅力的に感じた妻と出会い、1年近くの交際で、
見事にゴールインすることが出来ました。

ですので、結婚してからもとても幸せな日々を過ごし、2年後には長男も誕生し、
持ち家も購入し、まさに順風満帆な結婚生活を過ごしていました。

しかし、しかしです。

これまでの記事を読んで頂いた読者の方は分かってきているかもしれませんが、
僕は今でこそ全うに歩めるようになりましたが、20代は、完全なるゲス野郎でした。

結婚して長男の育児にも慣れ、妻が2人目を妊娠してから、
僕の性欲理性が解放されてしまいました。

何故ならば、長男が生まれてようやく妻と営みを開始した瞬間、
妻は、即妊娠してしまいました。

嬉しい気持ちは強かったのですが、性欲が我慢の限界を超えてしまいました。

そして限界を超えた僕の頭から、ついにゲスな思考が発動してしまいました。

「よし、ちょっとだけ遊んじゃおう!」

本当に最低な野郎です…

妻が妊娠中に浮気をするというのはよくある話ですが、浮気をしてしまう男性は、
かなり性欲が強いだけで、決して愛がない訳ではありません。

尻尾を切られたサイヤ人のごとく、自分の理性を止められないのです。

そして、まず僕はどうやって出会いを探そうかと考え、当時まだ全盛だったmixiを、
出会う手段として、使うことにしました。

決して妻との愛が冷めた訳でなく、女性を傷つけたくない理性だけは一応あった僕は、
既婚者に絞りこんで、共通の趣味からアプローチをすることにしました。

僕は、何かを始めると比較的器用にこなすので、開始から一週間ぐらいで、
メッセージのやりとりを数人開始することが出来ました。

そして、その中の1人とやりとりを続け、なんだかんだで夜に会うことになりました。

この時点で、僕も相手も、行為をすることを了承の上で、会う約束をしました。

こうして僕は、結婚してから初めて、浮気=不倫をすることになりました。

その既婚者の女性とは、初めてお会いしてから3回目ぐらいで、
僕は妻にも悪いし相手方にも申し訳ないため、関係は断ちました。

ここで終わっておけば、「魔が差した」ぐらいで済んでましたが、
ゲスな僕の思考はすでに、次なる野望を抱いてしまったのです。

「これならしばらく楽しめそう!」

最低な野郎です…

こうして、僕は不倫に足を浸かることになりました。

ただ少し普通の不倫と違うのは、僕は大前提に、妻が1番という気持ちがあったため、
深くのめり込むことはなく、自分の中で3回までならオッケーという、
勝手なルールを基に、不倫活動を開始したのです。

世の中の男性が不倫にハマってしまう理由は、人それぞれ異なるとは思いますが、
共通して言えることは、「性欲が強すぎて、理性をコントロールできない」
ことだと、僕は感じます。

もちろん、中には女性がそのパターンの場合もあるとは思います。

そして、僕の更なる不倫活動はスタートしました。

to be continued… (Part2)